クリックで懸賞やお小遣い: ノウハウ習得でインカム増やそう! ネット収入への道に踏み出しませんか?
サイト訪問の効率化テクニック 〜その3: 各種応募、会員登録の簡略化〜

《利用ツール: aiBAR2000、Sleipnir》 →[お奨め便利ツール]参照
これも、フォーム入力を簡略にするための方法についての紹介です。
[ID、パスワード入力の簡略化]の方法は、IDやパスワード入力以外の入力にも有効ですが、2回目以降の入力を"自動化"する方法のため、懸賞の応募や会員登録のように始めて入力するフォームに対しては効果がありません。

そこで別の方法が必要になる訳ですが、このための代表的なツールがaiBAR2000です。
aiBAR2000については、ほうぼうのお小遣い系情報サイトでも紹介されているので詳しい説明は省略しますが、これを使うと名前・住所・ハンドルネーム・メールアドレス・電話番号・性別・年齢・職業・その他の入力が"自動化"されて楽になります。

但し、aiBAR2000はInternet Explorerにしか対応していないため、タブブラウザなどでネットサーフィン中に応募したいサイトを見つけた場合には、Internet Explorerを起動して、そのURLを改めて開き直さないとダメなのでとっても不便です。
なので、ジュチもaiBAR2000を準備しておくことを奨めた割には使っていませんでした。(=_=;)

このため、aiBAR2000以外のソフトを含めていろんな方法を試していましたが、Sleopnirと組み合わせて使う方法が見つかったので、以下に紹介します。
この方法だと、自動入力が必要なタイミングでaiBAR2000とInternet Explorerを起動すれば良いので、使い勝手がグ〜ンとアップします。

【具体的方法】
1.SleipnirにInternet Explorerを組込む。
Sleipnirには、外部プログラムを登録しておいて、ランチャーのように起動させる仕組みがあるので、これを利用します。
手順1:ユーザー定義ツールとしてInternet Explorerを組込む
(1)ツールバー上で右クリックし、[カスタマイズ]を選択してカスタマイズ用のサブウィンドウを開く
(2)[ツール]タブを選択し、新規ツールとしてInternet Explorerを登録
 ◇ツールリストの右にある"New(Insert)"のボタンをクリックし、ツールリストに"IE"を追加
 ◇コマンド欄に、IEXPLORE.EXEの起動パスを設定 (コマンド欄右のボタンから)
   ・・・通常は、c:\Program Files\Internet Explorer\ 内にあります。
 ◇引数欄に {URL} を設定   ※ここがポイント (Sleipnirで開いているページでIEを起動出来るようになる)
 ◇作業フォルダは空欄のままでOK
※[ツール]→[ユーザ定義ツール]からIEをクリックし、開いているページでIEが起動されることを確認してください。

手順2:ツールバーへの登録
※これは、お好みで良いです。 ツールバーに登録すると、ツールバー上のアイコンから直接起動できるようになります。
(1)ツールバー上で右クリックし、[カスタマイズ]を選択してカスタマイズ用のサブウィンドウを開く
(2)[コマンド]タブのカテゴリ欄より[ツール]を選択し、コマンドから登録したツールをドラッグしてツールバー上にドロップ
※これで、Internet Explorerが、ツールバーのアイコンから直接起動できます

2.SleipnirにaiBAR2000を組込む。
上記と同じように、aiBAR2000をユーザ定義ツールとして組込むことで、aiBAR2000の起動が簡単になります。
※Windowsのスタートメニューに登録済みの場合には、あえて組込む必要はありません

手順1:ユーザー定義ツールとしてaiBAR2000を組込む
(1)ツールバー上で右クリックし、[カスタマイズ]を選択してカスタマイズ用のサブウィンドウを開く
(2)[ツール]タブを選択し、新規ツールとしてaiBAR2000を登録
 ◇ツールリストの右にある"New(Insert)"のボタンをクリックし、ツールリストに"aiBAR"を追加
 ◇コマンド欄に、AIBAR.EXEの起動パスを設定
 ◇引数、作業フォルダは空欄のままでOK
※これで、[ツール]→[ユーザ定義ツール]からaiBAR2000を起動できるようになります。
※ツールバーに登録したい場合は、1を参考にして下さい。

手順2:aiBAR2000側の設定
※aiBAR2000あまり詳しくないので自信ないですが、デフォルトで良いと思います。
※[リンク編集]で"Internet Explore"は「バーに表示する」をOffにした方が良いです。
  (残しておくと誤操作するかも)

3.使い方は以下のとおり
手順1:ネットサーフィン中に応募したい(aiBARを使いたい)ページがあれば、この段階でaiBAR(ツール)を起動

手順2:aiBARが起動されたことを確認(バーが表示される)し、続いてIE(ツール)を起動
※aiBAR2000の制御に下でInternet Explorerが起動され、モードに応じてデータの"自動入力"が行われます。
※V1.5.2からは、手順1と2が逆転してもOKになっています。

手順3:あとは、通常のaiBAR2000の操作
※必要がなくなったら、aiBAR2000とIEを終了させてネットサーフィンを続けてください。