クリックで懸賞やお小遣い: ノウハウ習得でインカム増やそう! ネット収入への道に踏み出しませんか?
サイト訪問の効率化テクニック 〜その2: ID、パスワード入力の簡略化〜

《利用ツール: Sleipnir、Firefoxなど》 →[お奨め便利ツール]参照
皆さんは、ID、パスワードの入力をどうされています?
多分、たいていの方は、何らかの方法で、いちいちキーボード入力しないで済むようにされていると思いますが、その方法に不便を感じておられませんか?

お小遣い稼ぎをする場合、いろんなサイトにログインする必要がありますが、Internet Explorer(=IE)の「オートコンプリート」機能では旨く行かないことも結構多いですよネ?
なので、ID、パスワード入力を簡単に済ませる方法について、いろいろ調べて見ました。

以下に、ジュチが試して見た方法について記載します。
方法としては、2番目と3番目がお奨めですが、いずれもタブブラウザの利用した方法です
なんか、タブブラウザの宣伝をしているみたいですが、Internet Explorerがなかなか進化しないので・・・(ρ_;)
 ※Netscape 7Opera 7などの最新のブラウザでは、タブブラウジング機能の実装はもはやアタリマエとなっています。
  (ID、パスワードなどの入力管理も、IEの「オートコンプリート」のように中途半端ではありません)

まあ、それは兎も角として、全体として効率が上がることが大切なので、ほかの効率化テクニック([広告の併行表示による時間短縮][定期的訪問先の一括ブラウズ])と合わせると、やはりタブブラウザを使った方法が良いと思います

【具体的方法−1】: Internet Explorerの「オートコンプリート」機能を使う
多くの方が使われている方法ですが、何種類かのIDやパスワードを使い分ける場合には向いていません。
また、この機能が旨く行かない(入力履歴が保持されない)タイプの入力欄もあって、あまりお奨めではないのですが、IEの標準機能なので簡単に利用出来ます。
また、ほかの方法とも組合わせて使えるので、まずはこの設定を行っておいて下さい。

オートコンプリート機能を使えるようにするには、[ツール]→[インターネットオプション]→[コンテンツ]→「オートコンプリート」で「オートコンプリートの使用目的」の欄の[フォームのユーザー名およびパスワード]の項をON(チェック)にするだけでOKです。 (Internet Explorer 6の場合)
それ以外の項目もONしておきましょう。
これで、IDやパスワードの入力履歴が記憶されるようになり、一度入力すると、次回からはキー入力なしで済ませることが出来ます。

IDの入力フォームをダブルクリックしてみてください。 記憶された入力履歴があればプルダウン表示されるので、表示された項目から入力したいIDを選択(クリック)すれば、そのIDが入力フォームに記入されます。
この時、パスワードの入力フォームには、そのIDに対応したパスワードが自動入力されるので、IDやパスワードを正確に覚えておかなくても済むようになります。

なお、カット&ペーストでの入力は、そのままでは記憶されないので注意してください。 カット&ペーストで入力した場合は、1文字だけ消して入れ直せば記憶されます。


【具体的方法−2】: ブラウザをSleipnirに変更し、「FormManagerプラグイン」機能を使う
(※Internet Explorerなどと併用しても問題ありません。) ☆2005.12.14現在、Ver.2.xxでは未サポートです
タブブラウザSleipnirを使った場合の方法です。  操作性は今一歩ですが、ID、パスワードがURL毎に管理されるので、Internet Explorerよりは使い易いです。
但し、ブラウザのエンジンとしてInternet Explorerを利用しているので、入力履歴が保持されないタイプのものには効果が無いようです。

以下に、この機能を使うための設定方法を記します。(Sleipnirはインストール済みとします)

 手順1:FormManagerプラグインの入手とインストール
 (1)[ヘルプ]→[オンラインサポート]→[オンラインマニュアル]で左側のMenuより[プラグイン]のページへ
 (2)「プラグイン一覧」より"フォームの自動入力"を選択し、該当ページよりFormManager.zipをダウンロード
 (3)FormManager.zipを解凍し、FormManager.spxをディレクトリごとSleipnirのpluginsディレクトリに入れる
 (4)[表示]→[コントロールバー]→[エクスプローラバー]→[拡張パネル]でFormManagerが選択できればOK

 手順2:拡張パネルをツールバーに追加 ・・・FormManagerを使いやすくするためのカスタマイズ
 (1)ツールバー上で右クリックし、[カスタマイズ]を選択してカスタマイズ用のサブウィンドウを開く
 (2)[コマンド]タブのカテゴリ欄より[表示]を選択し、コマンドから[拡張パネル]をドラッグしてツールバー上にドロップ
 (3)ツールバー上の[拡張パネル]を右クリックし、[ボタンのデザイン]より好きな絵柄を選択
 (4)カスタマイズダイアログを閉じれば完了

 なお、実際の使い方は以下のようになります。 (ID、パスワード以外の入力欄でも可)
 (1)ID、パスワードを入力した状態で拡張パネルを開き、FormManagerの「フォームの取得」ボタンをクリック
    →「フォームを記憶しました」がでればOK (出なければこの機能を使えないタイプの入力欄)
 (2)次の回からは、拡張パネルを開き、FormManagerの「フォームの記入」ボタンをクリックすれば自動入力される


【具体的方法−3】: ブラウザをFirefoxに変更し、Geckoエンジンの「パスワードマネージャ」機能を使う
(※Internet Explorerなどと併用しても問題ありません。)
Firefoxは、Mozillaのブラウザ機能のみを分離改良したオープンソースのブラウザで、Netscape 7やMozillaと同じようにGeckoエンジンを利用した最新のブラウザです。

Netscape 7を使われている方はご存知でしょうが、Geckoエンジンを利用したブラウザでは、ID、パスワードなどの入力データをURL毎に記憶する仕組みになっています。
このため、最初にID、パスワードを入力した時に表示されるダイアログで「ログオンを記憶させる」を選択すると、次回からは自動入力された状態で表示されるので、とっても便利です。
また、Internet Explorerのオートコンプリートが効かなかった入力フォームに対しても使えています。

なので、これだけで考えるとNetscape 7とかMozillaを使えば良いのですが、タブブラウジング機能の内容を比較すると、今のところFirefoxが唯一の解のようなのです。
 ※NetscapeやMozillaのタブブラウジング機能では、前述の「効率化テクニック」が使えそうにありません。
 ※SleipnirでもVer.2.xxからGeckoエンジンにも対応していますが、一部に未対応の機能があります。

以下にFirefoxの入手と効率化テクニックに関連した部分の設定方法を記載します。

 手順1:Firefoxの入手とインストール ・・・ID、パスワード入力の効率化だけなら、これでOK
 (1)Firefoxをここ(http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/)からダウンロード
 (2)インストールについては、ダウンロードされたモジュールをそのまま実行すればOK
  ※不明な点があれば、firefox help日本語版 を参考にして下さい。

 手順2:タブブラウザ拡張機能(TabbrowserPreferences)の入手とインストール
 (1)Tabbrowser Preferencesはここ(http://216.55.161.203/theonekea/tabprefs/)からダウンロード
 (2)Firefoxを起動して、ダウンロードしたtabprefs_xxxxxx.xpiをブラウザのウインドウにドロップ
 (3)インストールを開始するかどうかのメーッセージが表示されるので、開始するほうのボタンをクリックすればOK
   ※Tabbrowser Preferences以外でも、"シングルウインドウ"をサポートした拡張機能であればOKです。

 手順3:タブブラウザ関連機能及びオプション機能の設定
 (1)Tabbrowser Preferences機能の設定
  ◇[ツール]→[拡張機能]で拡張機能用のサブウィンドウを開き、[Tabbrowser Preferences]をダブルクリック
  ◇Tabbrowser Preferences用の設定画面が表示されるので、[links]タブ内の設定を以下のように変更
     ・"internal": Load links in ←New Tab     ※ここはお好みの設定で
     ・"External": Load externallinks in ←New Tab  ※ここがポイント (ブラウザが多重起動されなくなる)
 (2)オプション機能の設定
  ◇[ツール]→[オプション]でオプション機能用のサブウインドウを開き、[プライバシー]をクリック
     ・[パスワードの保存]を"パスワードを記憶する"に設定
  ◇オプション機能用のサブウインドウの[詳細]をクリック
    ・[ブラウジング]のブロックで、"同時に複数のタブを閉じるときは確認する"に設定  ※誤操作防止(お好みで)

 その他:カスタマイズなど
 (1)ツールボタンなどの見た目(テーマ)の変更
  ◇[ツール]→[テーマ]→[新しいテーマを入手]でmozilla updateのページに飛び、お好みのテーマをインストール
    ・選んだテーマの (Install Now) をクリックすればOK
 (2)拡張機能の追加
  ◇[ツール]→[テーマ]→[新しい拡張機能を入手]でmozilla updateのページに飛び、必要な機能をインストール
    ・選んだ拡張機能の (Install Now) をクリックすればOK
     ※通常は、Tabbrowser Preferencesもここからインストールできますが、最新でない場合があります

[広告の併行表示による時間短縮][定期的訪問先の一括ブラウズ]も、Sleipnirと同じ様に使えます。
両方のテクニックが使えて、ID、パスワードの入力も簡単となると、お小遣い稼ぎには最適のブラウザなのですが、全体的に見た場合には、以下の理由からSleipnirの方がお奨めです
   1)Netscapeと同じように、時々、変になるページがある (IEでしか検証されていないページが多い)
     ・・・CSSやJavascriptによっては、表示位置が狂ったり、クリック操作などができなくなったりします
   2)Firefoxは、まだまだ発展中のブラウザであり、使い易い状態にするための設定が解り難い (初心者向きでない)
     ・・・2004.11月9日にバージョン1.0の日本語版がリリースされました


【具体的方法−4】: AI RoboFormを使う
以上の方法で満足出来ない方には、AI RoboForm(有料;3,500円)と云うInternet Explorer用のアドオンソフトがあります。
Netscapeなどにある「パスワードマネージャ」と「フォームマネージャ」に似た機能をIEベースのブラウザ(SleipnirなどもOK)に付加するソフトなんですが、入力フォームに対する強力な識別機能を持っています。
実際にこれを利用してみたところ、「オートコンプリート」や「FormManagerプラグイン」では旨くいかなかったサイトへのログインもクリックだけで済むようになりました。(売り文句どおり、かなり優れものです)

つまり、Geckoエンジンに乗り替えなくても弱点がクリア出来るので、お金さえ気にならなければ(そんなことは無いですよネ)この方法が一番良いと思います。 IEでしか検証されていないページの問題もなくなります。
また、同一サイトに対しても複数組のID・パスワードを記憶させることも出来るので、家族全員で会員登録してメンバー毎にログインし直している人にも便利です。

ID、パスワード入力の簡略化」のためだけではもったいないので、「各種応募、会員登録の簡略化」にも利用して下さい。 ID・パスワード以外の入力フォームへの自動入力機能も強力なので、懸賞生活やショッピングでのフォーム入力がグ〜ッと楽になります。

なお、お金を掛けたくない方には、"無料版"がお奨めです。
管理できるログイン数などに制限(10件まで)が付きますが、1や2の方法で旨くいかないものだけに利用するようにすれば、実用に充分耐えられるかと思います。
実は、ジュチも、この方法で無料版を使い続けています。( ̄▽ ̄;A
 ※Sleipnir Ver.2.xxから、インストールオプションでAI RoboFormがインストールされるようになっています。
 ※拡張機能の"ロボフォームアダプタ"をインストールすれば、Firefox / Mozilla / Netscapeでも利用できます。

  ◆参考リンク; RoboForm