クリックで懸賞やお小遣い: ノウハウ習得でインカム増やそう! ネット収入への道に踏み出しませんか?
携帯メール受信の効率化テクニック 〜その2: パソコンと携帯の両方でメールを読む(2)〜

《利用サイト: Yahoo!メールほか》
携帯でのお小遣い稼ぎにも利用できるWebメールの活用方法です。
[パソコンと携帯の両方でメールを読む(1)]と違って、Webメールのアドレスに届いたメールのみでなく、携帯キャリアから提供されている携帯専用のメールアドレスに届いたメールについても、パソコンと携帯の両方で読むことが出来ます。

残念なことに、現時点ではauの携帯電話(CDMA 1X WIN系)にしか適用できませんが、携帯でのメール受信操作などを最小限に絞りこめるのでパケット代が大幅に削減できるほか、お小遣い稼ぎの効率もかなりアップできます。

基本的な利用形態は、新着メールの有無をWebメールのサイトにログインして確認し、必要に応じて選択したメールを読む形になります。
Cメールでの場合を除いて、プライベートなメールなどの受信時にも、携帯に受信通知(着信通知)は来ないので注意して下さい。
 ※特定のプロバイダ(DION)を利用すれば、受信通知が来るようにすることは可能です。

以下にYahoo!メールを利用した場合の設定方法を記します。
本来は、メールフィルタの設定が沢山できるinfoseekメール(99個)やlivedoorメール(上限なし)の方がお奨めなのですが、携帯電話からアクセスできるモバイル版のサイトがまだ提供されていません。
 ※Yahoo!メールの場合、メールフィルタの設定は15個までです。

【具体的方法】
1.メールアドレスの取得
Yahoo!メールのアドレスを取得する手順については、http://help.yahoo.co.jp/help/jp/mail/whatisymail/whatisymail-10.html を参照してください。
既に取得済みの場合には、この手続きは不要です。
※携帯キャリアから提供された携帯専用のメールアドレスはお小遣い稼ぎ用に使われるため、Yahoo!メールアドレスの方をプライベートなメールアドレスとして使用することをお奨めします。

2.自動転送機能ほかの設定
自動転送は、auとTu-Kaの携帯にしかない機能で、携帯に送られてきたメールを最大2箇所のあて先にコピー転送する機能です。
この機能を利用して以下のような設定を行うと、携帯に送られてきたEメールのコピーがWebメール(Yahoo!メール)に自動転送され、携帯には自動受信されないようになります。
※自動転送にはパケット代は掛かりません。

(1)Eメールの「自動転送先」に、上記で取得したYahoo!メールアドレスを設定
(2)Eメールの「自動受信設定」をOFFにする
(3)Eメールの受信方法を「差出人・件名受信」に変更

なお、(3)の設定は、「新着メールのお問い合わせ」を実行した時に、自動的にEメールの本文が送付されてくるのを防ぐための処置です。
Eメールのメールサーバ上には、自動転送(コピー転送)したコピー元のメールが未受信状態のままで残っているため、「新着メールのお問い合わせ」を実行すると一斉に送付され、その分パケット代が掛ってしまいます。
※このEメールを読むことはほとんど無いので、放置しておいてOK。 古いメールより順に上書きされるので、オーバーフローは起こりません。

3.Yahoo!メールへの設定
Yahoo!メールアドレスに直接届いたメール及び自動転送機能によって転送されて来たメールに対し、携帯からの確認がし易くなるようフォルダーを分離し、メールフィルタによって振分けます。
例えば、プライベートなメールなど、即応したいメールがすぐ解るように振分けてください。
フィルターの設定方法については、http://help.yahoo.co.jp/help/jp/mail/management/management-18.html を参照してください。

なお、Yahoo!メールの場合、振分けたフォルダー単位で携帯に受信通知を出す機能がありますが、受信通知用のメールはEメール(インターネットメール)に限定されるため、自動転送との関係で一般的な方法では利用出来ません。
DIONのメールアドレスを取得し、受信通知を「EZ de DIONメール」に飛ばして、その着信通知をCメールで自分の携帯に転送すれば可能ですが、そこまでしなくても・・・と思います。

4.携帯電話への設定
この方法に関しての固有の設定はありませんが、Cメールを利用する場合には、「アドレス帳登録外」は受信抑止するように設定しておくことをお奨めします。
※Cメールには迷惑メールが沢山届くので、この設定をしておく方が安全です。

補足-1:
携帯専用のメールアドレスに届いたメールへの返信は、Webメールを使わずに携帯から直接Eメールで返信する方が無難です。
Webメールを利用して、パソコンから返信することも出来ますが、返信元のアドレスはWebメールの方のメールアドレスになるので注意してください。(携帯からWebメールを利用して返信した場合も同じ)
返信先が「ドメイン指定受信」機能を利用している場合や「なりすまし拒否」を設定している場合には、返信が届きません。
Webメールアドレスの方をプライベートなメールアドレスとし、携帯専用のメールアドレスにはお小遣い稼ぎ用のメールなど返信の不要なものしか届かないようにしておけば、この問題は回避できます。

補足-2:
パソコンで携帯用の広告メールなどを読込み、メール内のURLをクリックしても、通常は該当するページを旨く表示することは出来ません。
単純にサイトの内容を見る程度で良ければ、以下のような携帯用ホームページの開発用ツールによって、パソコンからも携帯サイトを訪問することは可能ですが、ポイントなどを間違いなく獲得するためには、URLクリック(携帯サイトへの訪問)は、携帯電話から行うようにして下さい。

  ◆参考リンク; iモードHTMLシミュレータU(DoCoMo)
Openwave SDK6.2K(au)
919シミュレータ&エディタ(Vodafone)